ロアール,元気,ノルウェージャンフォレストキャット,病気に負けない,プレゼント

黒猫のロアール

リンパ腫や腎臓病なんかには負けないよ。ロアールと僕ら家族の大切な日々と大事な時間をここに残したい

そうは言ってもw

酸素ケージ好きじゃないの?

昨日ロアール
酸素ケージはまぁまぁ
お気に入り
とお伝えしたのですが

今日は全然ダメでした(--〆)

酸素ケージに入れても
30分くらいすると

すぐに出せ出せと
アピール!

外へ出て
窓際へ行ってしまったり
廊下で寝そべったり

まぁなんだかんだ
気温もあがってきてるし
あまり狭いところは
ずっといられないかな(@_@;)

そのまんまじゃ
貧血が進んじゃうでしょ!

半ば強制的に酸素ケージへ入れ、

しばらく酸素の多い空気を吸ってもらい
できるだけ貧血にならないように
気を付けてました。。。

ともかく
酸素ケージに
入っていることが

今は本当に大事なことなので
ロアールにはなんとか
がんばってほしいところです

【今日のロアール】

 

酸素ケージとロアール

酸素ケージとロアールくん

ロアールくんは
もう酸素ケージがないと
ヤバいわけなんですけど、

ロアールは酸素ケージが
なかなか気に入っている
みたいです。

酸素ケージの中は
普通の空気から作られた酸素を
集中して送り込んで

ケージの中が
酸素のパーセンテージが
高めになるんです

貧血の猫ちゃんや
肺に疾患のある猫ちゃんは

体内になかなか酸素を
送ることができず

低酸素症の恐れがあるので
この酸素ケージに入って

より効率的に
酸素を吸収させるわけです。

なんで
他の猫ちゃんたちは
酸素ケージが
大好きになるみたいで

我先にと酸素ケージに
入ったりするみたいです。

ロアールくんも
貧血がひどいので
この酸素ケージは
絶対必要なんです

でもやっぱり酸素ケージに
入って眠った後は
けっこう具合よさそうなんですね

ただこの酸素ケージは
中型なんですが、
ちょっとロアールくんには
小さいみたいで
おもいっきり手足を伸ばしたりすると

このケージに収まりきれないようで、

こんな感じで
半分入って半分出ている(笑)

みたいな感じによく
なっちゃうんですね。

20150502_loa01

ちゃんと入らないと
いけないけど

まぁ酸素濃度はそれなり
だろうなので

少しくらいは
こんなんでもいいかなw

【今日のロアール】

薬ばかりが増えます

また新たな敵が

今日もロアールくんは
病院でした

いつもの
丸山ワクチン
胸水抜きなど
やってもらったよう
なんですが

今回も
やはりというか

何と言えばいいか

今度は
「むくみ」
がロアールを
苦しめ始めたようです。

つまり
体の循環が悪くなっている
ということです

そして
またそのむくみを
取るために

新しい薬を
処方されたみたい。

血流をよくするための薬です

20150430_loa02

 

薬がどんどん増えます

どんどん薬の
種類も増えてきています(~_~;)

・増血剤
・ビタミンCのリポカプセル
・毒素を抜くH4O
・お通じのよくなる薬
・カリナール1,2
・コルディM
・漢方
・新たに免疫力を上げるという珪素水やタヒボ茶

ロアールが
薬やサプリづけみたい…(><)…

でもそれでも

僕らはロアールが
できるだけ苦しまないよう
抗がん剤治療ではなく

こういった
補完療法=代替療法
を選んだのだから

そして
すこしでも
ロアールが安心して
お家にいられるように

これが僕らができる
唯一のことだから・・・

【昨日のロアール】

20150430_loa01

初夏のひだまり

今日は祝日

ロアール
そんなに具合が
悪くなることもなく、

午前中は
いろいろ歩き回ったり
ベランダ出たり、

そして午後からは
ぐっすりと
酸素ケージの中で
おねんねでした

ゆったりとした
初夏の昼下がり

僕らの時間は
短いかもしれないけど

できるだけ
こんな日が続けばいい

【今日のロアール】

 

治療がしたいわけじゃない

段々悪くなります…(><)…

ロアール
段々と悪くなっています。。。

今日も病院でエコーで
見てもらったところ

肝臓への転移も可能性があり

そして腹水も溜まり始めている
とのこと

もう僕たちが
ロアールと一緒に
いられる時間も
もうきっと
もう
本当に短い(T_T)

奥さんは
ここ2年間
フルタイム勤務で

ロアールにずっと
寂しい思いを
させてしまったことを

また涙ながらに
後悔しています。

僕だって
ちゃんとロアールに
向き合えていなかった
ことを思うと
本当に後悔しかありません

 

どれだけ治療を懸命にしても

僕らがロアールに今
してあげていることを

病院のO先生も
「こんなにしっかりやってくれる
飼い主は今までいなかった」
と言ってくれます。

でもそれは
ただ僕らが今出来ることを
精一杯やっているだけだから

すごくもないし、

どれだけ
懸命な処置をしてあげたところで、

やっぱり手遅れでしか
ないんですよ。

別にロアールに
こんな治療をしたかった
わけじゃない

本当はもっと長く
ロアールに元気にいて
10年は生きていて欲しかった

偏屈な僕らと一緒だけど
このお家でもっと長く過ごして
欲しかった

本当にしたかったのは
治療じゃ

治療じゃない

【今日のロアール】

 

プロフィール
ロアールプロフィール
ロアール
ノルウェージャンフォレストキャット
病気には負けない僕らの歩み
最近の投稿
カテゴリー
2019年12月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponserd Link