ロアール,元気,ノルウェージャンフォレストキャット,病気に負けない,プレゼント

黒猫のロアール

リンパ腫や腎臓病なんかには負けないよ。ロアールと僕ら家族の大切な日々と大事な時間をここに残したい

そしてこれからも

ちょっとだけさようなら

昨日の午前中
ロアールを火葬で弔いました。

棺に入れた
ロアールの体は

それまでと変わらず
まるでただ眠っているようで、

今にも起きて
「にぁあぁ~お」
と僕らに話かけてくる
んじゃないかと
思えるほど・・・

これも
奥さんが辛くても
毎日きちんと

お薬と食事をしっかりと
ロアールにあげてあげたおかげです。

火葬が済んで
納骨をする際にみたロアールの骨は

細くて小さくなってて
こんなに小さかったんだな
って思いました。

ほんとうにこれで
ロアールの体も
もうなくなってしまったわけです。

でももうこれで
ロアールを苦しめた
悪しき癌なんかもすべて消えたから
もうロアールも
苦しまなくて済むから。

 

ずっとおうちだよ

遺骨はもちろん
僕らのおうちへ
持って帰りました。

だから
体はなくても
ずっとロアールは
大好きなおうちに
いることができるんです。

「よかったよね、ロア」

いつでもいいから
僕らの元へちゃんと戻ってきなよ。
僕も奥さんもロアールが帰ってくるのを

ずっと待っているから

どうしても
戻れないなら

虹の橋のたもとで
ちゃんと待っててよね。

必ずロアールに会いにいくから

必ずまたぎゅっと抱きしめるから

だからそれまで
ちょっとの辛抱だよね(TvT)

nijinohashi02

 

その時まで

まだ語りたいことは
たくさんありますが、

こちらのブログも
しばらくお休みです。

ロアールがまた戻ってきたら

ブログ記事を更新しようかと
思っています
(もしかしたら
ちょこちょこ書くかもしれないですがw)

何はともあれ
こちらのブログは

ロアールと僕らの思い出を
短いながらも綴ったブログです。

だから
ぜったいこのまま
ずっと残していきます

ロアールが戻ってくるまで
いえ、僕が死んでも
このブログは残します!

このブログがあれば
少なくても

ロアールがこの世にいたという
証の1つになるはずだから

 

今もそしてこれからも

 

今度は僕らがロアールにプレゼントを

どうぶつ病院の先生が語ったこと

今日奥さんが
最期まで通った
病院のO先生へ

ロアールの報告と
葬儀場の紹介をしてもらいました

その時いろいろ話したそうですが、
O先生はこんなことを
お話されていたそうです

 

~~~~~~~~~~~~~~

ロアールが最初に
病院に来たとき

すでにかなり悪い状態で
1ヶ月もたないと
本当は思ったそうです。

でも結果として
4月いっぱい治療をがんばって

そして1ヶ月以上生きていたのは

ロアールが
それだけ僕らと一緒に居たかった
僕らのおうちにもっと居たかったから
だと思うと。

そして、
猫や動物は自分の
死を選べるところがあって
(もちろんO先生の見解だと思いますが)

このGW中ずっと
苦しいのや痛いのを我慢して

特にお父さん(僕のことです)
と一緒に過ごせる時間を
たくさんとって

そしてGW最終日
“明日はお父さんが仕事でおうちにいない”
というのを動物的な第六感で感じ取って

「お父さんもいてお母さんもいる
2人に看取ってもらうなら、今日だな」

ってそう思って、
昨日あの時に逝こうと
自分からその時を迎えたんだ
と思いますと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようなことを
話してくれたそうです。

他にもお義母さんに
奥さんが2人で看取れた
ということを電話で話したところ、

「たぶん2人に看取ってもらえるタイミングを
ちゃんとわかっていたんだね。聡い子だね」
と。

20130414_loa01

2013年4月14日

 

次は僕らがロアールにプレゼントを

やっぱりロアールは
僕ら2人がちゃんと看取れるようにと

昨日のGWでずっと一緒に過ごして
最後の日に僕らに看取られて
逝ったんですよね…(><)…

ほんとうに
ロアールは賢いし、

ほんとうに
やさしい子です。

そうそう
普通にいるような
猫じゃないんですよ!

と、親バカになるくらい(笑)

本当にロアールは聡い子なんです。

きっと
毎日僕らと一緒にいて

いろいろなことを考えて、
僕らにずっと接してくれていたんです

そんなこと僕らはほとんど気づかずに。。。

僕らはこれからは
もっと成長しないといけないね。

そうじゃないと
ロアールが虹の橋のたもとから
戻ってきたとき、

ちゃんとロアールの声を
聞き取ってあげられないんじゃ、

せっかく戻ってきた
ロアールに申し訳ないからね!

奥さんと今日も
この3年半のロアールのこと
いろいろ話しています

本当に
本当にいろいろなことが
ありました

本当に素晴らしいプレゼントだよ!

 

またロアールが戻ってきたら
今度は僕らがロアールに
プレゼントしてあげなきゃね。

 

 

土曜日の午前中に火葬し、
ささやかながら葬儀をすることになりました。

そこで今回の
最後のお別れとなります。

 

ロアールのプレゼント

その名の由来通り、新しい冒険へ

今日午後5時55分
ロアール
新しい冒険へと
旅立ちました。

3歳と9か月という
若さでした。

ほんと昨日まで
強制ではあっても
ご飯も食べ、
お薬もちゃんと
飲んでくれていたのに(T_T)

でも、
これでもう
苦しまなくて済むからね。

もう体も
むくみだけでなく
腎臓も癌によって
信じられないくらい
大きく腫れてしまっていて
たぶんずっと痛かったんじゃないかと
思います。。。

それでも
僕らのそばにいてくれたんです。
ロアールは。。

本当に僕らは後悔ばかりしか
できないような

ロアールにちゃんとしたこと
できてなかった飼い主だったけど

本当に本当に
ロアールがうちに来てくれて
よかった!

ありがとう

短い3年という期間だけ
だったけど

最高に素敵なプレゼント
ありがとう

20121108_loa01

2012年11月8日

虹の橋のたもとへ

ロアールは
新しい冒険として

虹の橋のたもとをめざし
旅立ったんです。。

参考⇒http://www.koinuno-heya.com/rouka/pet-loss.html#six

いつかその冒険の末
虹の橋のたもとに
辿りついたら

僕らが行くその時に
待っててくれよな!

もし冒険の途中で疲れたら
いつでも僕らの元へ
戻っておいで
というかぜったい
戻ってきなよ(>_<)

僕らはいつでも
ロアールの帰りを
待っているからね

ロアールが帰ってくる
もしくは僕らが虹の橋のたもと
行くそれまでの間

少しだけ、バイバイ
ロアール

【今日のロアール】

20150506_loa01

 

20150506_loa02

また会おうね、ロアール

それしか僕らにはありません

昨日の夜の悪夢

昨日の夜

夜の半分くらいは
僕がロアール
看ているんですが、

ここのところ
仕事がお休みなので
夜中だいたい僕が
看ています。

ロアールくんは
だいたい1時間おきに

オシッコで起きて
しばらく酸素ケージの外で
だらっとしているのですが、

昨日の夜は
大変だったんです(@_@;)

いつものように
酸素ケージから出ると

リビングに寝そべる
まではいつも通り

でも明らかに呼吸が荒い。。。

お水(H4O)や
リポカプセル(H4Oへ混ぜて)をあげたり
出来ない状態。。。

ロアールの体をさすり
あたためてあげようとしますが、

嫌なのか
しばらくなでると
すぐに別の場所に移動。

なので僕も後を
追いかけなでる
でも逃げるの繰り返し

そのうち
ロアールは口呼吸をし始めましたΣ(゚д゚;)

まずいと思い、
急いで酸素ケージへ入れ、

ロアールが出たい
といって入口を手で
カリカリやっても
ここは我慢してもらって

とすると
だんだん呼吸は落ち着き始め

安定してくると
そのままロアールは
寝てしまいました。
20150515_loa01

2013年5月15日

 

できることがだんだん減ってきて

一安心ではありましたが、
かなりロアールは
体調が悪いとみえます(~_~;)

その後も
何回か起き出して

オシッコしたりしましたが、
その時はそれほど
呼吸も荒れていませんでした。

なので朝方には
お水やリポカプセルも
飲ませられました。

でも夜中のように
体をムリに擦ったり

追いかけまわすような
ことはしないようにして、

酸素をできるだけ
絶えないようにしたかったので、

酸素ボックスを近くに運び、
口元に送るようにする

ということだけ
やってあげることにしました

あと体が冷えないように
ちょっと毛布をかけて。

どんどんと
体の調子も悪くなってきて

僕らができることも
どんどん少なくなって
くるのかもしれません…(><)…

でもやれることはやる
それしか僕らにはありません

 

GWも看病がんばります

 

GWでも看病です

GWで仕事はお休み

でも僕は
GW中はずっと
ロアールの看病です

でも全然それで
いいんですけど(*^_^*)

さて
ロアール今日も
通院でした

仕事がなかった
僕ももちろん一緒に
行きました

まず血液検査です

結果として
やはりというか

尿素窒素とクレアチニンは
だいぶ上がってしまっていました

これはカリウムを
排出するためにやっていた
利尿剤の影響かもしれない

ということで
一度利尿剤はやめて

尿素窒素とクレアチニンの
数値を下げることを
目指すことになりました

 

心配だった貧血は

そして貧血の度合いですが

これが13%だったのが
17%に改善

この前の増血剤が
効いているよう

僕らはかなり
貧血が気になっていたんですが、

なんとか貧血は
改善してきているようです。

もし貧血が全く
良くなっていなかったら

次は輸血しかないので
ちょっと一安心かな

胸水については120㏄
今回3日空けたので
まぁそんなもんかなと。

それからここ数日
うんちがちょっとしか
出ていないんです。

小さなかったい
うんちがポロポロ
としかでないので、
そこも心配だったんです

なので、
血液の流れをよくする
ジピリダモールやアムロジピンなどを

今までは1日2回だったのを1日3回へ

あとは
お腹を温めながら
よくマッサージをしてあげてください

ということでした

科学的な根拠はないけど
やはり飼い主になでてもらうと

痛みがやわらいだり
お通じがよくなったり
するんだそうですヾ(@^▽^@)ノ

こんな感じで今回の
病院での治療は完了でした

お家に帰ると
ロアールはやっぱり
昨日より元気で

ちょこちょこ歩き回っていました。

できるだけ
ロアールが元気でいられるように

僕らもまだまだ頑張るからね

【今日のロアール】
20150505_loa01

1 2 3 16
プロフィール
ロアールプロフィール
ロアール
ノルウェージャンフォレストキャット
病気には負けない僕らの歩み
最近の投稿
カテゴリー
2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponserd Link