ロアール,元気,ノルウェージャンフォレストキャット,病気に負けない,プレゼント

黒猫のロアール

リンパ腫や腎臓病なんかには負けないよ。ロアールと僕ら家族の大切な日々と大事な時間をここに残したい

効果バツグン酸素ケージ現る

重なる時は重なります

昨日私自身ちょっとした
事故に遭ってしまい、
手を怪我しました(--〆)

それほど大したことないと
思っていたのですが、
病院へ行ってビックリ

骨折

それも手術した方が良い
いうことに

~なんてこった~
ロアールが大変な時に。。。

それほど痛みはないので
ある程度のことは
出来るので

生活には支障ないですが、
やっぱりロアールの
給餌とかは無理

奥さんには
また苦労をかけてしまう
申し訳ない

 

酸素ケージすごいぞ

そして今日
酸素ケージが届きました

こちら

2-150404_loa01

酸素濃度の高い空気を
送り続けることで

中の犬猫ちゃんが
酸素をしっかり吸収出来る
ようにしてくれる

そういう機器です。

ロアールを
この中に入れてみると
なかなかいい感じ!(^^)!

それまで呼吸が
安定しなかったのが

しっかりとした呼吸になり、
グッスリ眠るようになりました!

苦しそうに寝ている
ロアールをみるのは

本当に辛いですから。

このケージは
うまく入ってくる酸素と
吐き出される二酸化炭素の排気が

上手にできるようになっているので、
24時間入れたままでも
大丈夫だとのことです。

入れたままにするのは
かわいそうな感じもしますが、

ロアールの苦しみが
少しでも減るならそっちのが
いいです。

もちろん
定期的に外に出しても
いいわけですしね(*^_^*)

今日からは
ケージの中でグッスリ眠れるね
ロアール

【今日のロアール】

 

胸水だったなんて

ロアールを連れて
奥さんが新しい病院
2回目の通院

2日前くらいから
呼吸が荒くなっていて
かなり苦しい感じだったので
すごく心配な状況。。。

検査の結果は
さらに悪化(T_T)

もう尿素窒素も
クレアチニンも
とんでもなく高い値

そしてとうとう
胸水が溜まってしまっていて、
貧血と合わせ
ロアールは溺れて
いるような状態だった

ということです。

すぐに胸水を抜きましたが、
麻酔使わず、直接肺に針を挿し
胸水抜くという治療…(><)…

かわいそうなロアール

でもまた胸水は
溜まってしまうそう

今後は胸水の対策をしつつ、
腎臓ケアをしていく
ことになりました。

さらに貧血で酸欠状態に
なってしまうので、

酸素供給ケージ
レンタルすることに。

20130613_loa02

2013年6月13日

もう楽しくネズビームを追いかけることも、

僕らにジャレついてくることもないのかな(´ヘ`;)

すごく悲しいよ

がんばってほしいけど、
あまりに苦しませるのは

やっぱりロアールが
もっとかわいそうになってしまう。。。

 

回復の兆しは

ロアールは今日もぐったり
なかなか回復の兆しが

見えません(´ヘ`;)

日中はずっと寝たまま
時々トイレに起きても
フラフラ・・・

にもかかわらず
給餌はかなり大変みたく

フラフラなのに
全力で逃げようとするみたい。

そのパワーを
別のところに使って欲しいものです。

寝ている様子を見ていても
けっこう呼吸が荒く、
かなり苦しい様子…(><)…

血圧が下がっていないのか
それとも腎臓の機能低下で
体に悪い要素が回ってしまっているのか

それともムカつく癌のヤツなのか。。。

また元気になってほしいよ!ロアール

また僕に甘えた声で
じゃれついてきてほしいよ!ロアール

とにかく明日は
新しい病院の通院2回目

より詳しく診てもらおうと
思っています。

僕はまた明日仕事なので
奥さんにまた頼ってしまうのですが、

何とかお願いします!

【今日のロアール】

20150402_loa01

エイプリルフールっていうなら

―新年度のはじまり―

どことなく
浮かれた空気に沿うように
桜が昨日から満開で。

でもそんな賑やかな桜を
しらけさせるように、

僕の気持ちのような
じとっとした雨が、
昼からしとしとと降り始めました。

今日もロアール
一日中ぐったりだったそう。。。

夕方くらいに起き出して
奥さんがムウと遊んでいるのを
じっと眺めていたそうですが、

やっぱり今まで見たいな
元気はないみたいです(>_<)

20150817_loa01

2013年8月17日

奥さんは奥さんで
新しい病院からやるべきことを
いくつも与えられ、

降圧剤などの薬をあげたり
3時間おきに給餌をしたり。

でもちゃんとあげないと
いけない分量を1度に
あげきれなくて、

1時間間隔で
ちょっとずつあげていた
とのこと。

それはそれで
大変だったね。お疲れ様!
(奥さんは疲れてもう寝ちゃっています)

今日は4月1日だから

それに比べ僕は
けっきょく何もできずに
奥さんの補助をするくらい。。。(--〆)

なんて僕は非力なんだろ。。。
奥さんに頼ってばっかりだ

奥さんには
頭があがらないですね(^_^;)

そう、
そういえば今日は
「エイプリルフール」
でしたね。

それなら

いっそのこと
ロアールのリンパ腫も
本当は嘘だった

って笑えるように、、、
してくれよ
…(><)…

【今日のロアール】

20150401_loa01

診てほしいのは病気ではなくロアールなんです

僕らが大切にしたいのは

いよいよ今日からロアール
2つめの
どうぶつ病院
治療を始めることに。

いきさつは
昨日の記事をご覧ください。

http://presentinfo.net/archives/282

こちらの病院では
補完療法を中心に
治療していくことになります。

僕らは抗ガン治療で
ただ延命をしたいわけではなく、

ロアールが安心して
無事に生活を最期まで
送れるようにしたいのです。

つまり
QOL(Quolity Of Life)

を大事にしたい

これが僕と奥さんの
本当に願っていることなんです。

 

新たな病院は驚きの連続

で、今日も奥さんが
ロアールを病院へ連れて行き、
いろいろ聞いたようなんですが

これが驚くことばかり∑( ̄皿 ̄;;

まず今のロアールは
貧血とストレス、
そして高血圧によって
めまいでフラフラ状態でしょう
ということ。

特に血圧については
かなり危険なので
なんとか下げたい
ということでした。

前の病院では
血圧なんかまったく
触れてもいなかったのに(~_~;)

だから、
何よりもまずは
高血圧を何とかしないと
いけないわけですね。

あとは
僕らが先週やっていた
3日に一度の125㏄点滴では

どうも少なかった模様です。

まぁ先週は寛解に近い
という状況でしたから、

そういう間隔になっても
まぁ仕方ないかもしれないですけど。

そして何よりも
アドバイスをもらって
嬉しかったのは
給餌や点滴のやり方について

奥さんは本当に
ロアールの食事に悩んでいて、

どうやったらちゃんと
食べてくれるのか

どのくらいをどう与えたらいいのか
そのことで頭が痛くなるくらい
だったそうです。

ロアールはすぐに
吐き出しちゃうタイプだ
ということで、

給餌する時は
「口の奥の舌の脇に入れるといい」
のだそう。
実際に先生が給餌を
してみせてくれました!
(そういうのをしてほしかったんですよね)

さらに僕らは
ウェットやスムース状より
さらに水っぽくして

飲み込みやすくしていたのですが、

そこまでしなくてもいいということで、

病院から新たに
フードを2種類ほどいただき、
それらを与えることになりました。

しかも病院からは
シリンジもいただけ(といっても購入でしょうけど)

このシリンジが注射口を
ドリルで開けたオリジナルのもの。

なんだかすごいなぁ(^_^;)

20150331_loa02

そして
点滴のやり方も
それまでのちょっとずつ
での与え方ではなく、

加圧器?っていうんですかね
それを使って
ガンガン注入する方法w

ずっとつかまえた状態で
10分、15分ってやっぱり
ロアールにはストレスでしょう、と。

だからもっとスピーディーに
点滴ができるように
加圧器もレンタルしてくれ、

ハリも今までのものよりも
太いタイプ(--〆)

ちょっと見た目怖いんですが、
この方が入りやすいみたい。

コツはこんな感じです↓

ハリをまずは
半分ほど挿して、
その状態から点滴を入れ始め、

挿したところが
少しぷっくりしてきたら
奥まで挿す

というように
いろいろ細かく指導して
もらえたそうです。

あとは実際に当初の話どおり、
「丸山ワクチン」のA液を投与。
こちらについてはまた触れたいと
思います。

 

病気どうこうよりロアールのことを!

今回病院で
いろいろ教えてもらって
奥さんはとても喜んでいました。

僕も話を聞いて
驚くばかりだったし、
とても嬉しかったです。

これはただ教えてもらった
から嬉しいということより、

先生が

・ロアールの気持ちや体調
・僕らが一緒に生活する中で
病気のロアールに向かい合うこと

そういったことを踏まえ、
ロアールがお家で過ごしていくという視点

いろいろアドバイスしてくれたことが
何よりも嬉しかったんです。

だって、
「病気の癌をどうするか」
が大事なのではなく、

「病気であるロアールが
どうあればQOLを感じてもらえるのか」
が大事なんです。

新しいどうぶつ病院の院長先生
(個人医院なので1人ですが)

は僕らのそういった想いを
受け止めてくださった

そういうことだと思います。

これから
ぜひとも宜しくお願いします
先生!

【今日のロアール】

ロアールを想う奥さんの英断

家に帰ると・・・誰もいない(ムウがいたかw)

今日もロアール
動物病院で1日中点滴でした。

僕は仕事だったので、
奥さんが病院でつきっきり

昨日は留置針を
とってしまわないよう
一晩中ロアールを
みていたはずなので、
かなり大変だったと思います。

そんな今日
夜仕事から帰ると真っ暗で、

ムウだけが
寂しかったと言わんばかりに
僕のところへ駆け寄ってきました。

奥さんとロアールは
どうしたんだ?

病院で何かあったのか
それともまさか交通事故なんて

僕はかなり心配になり
何度も電話

でも出ない(@_@;)

寝不足だったから
車で寝ているのかも・・

と外へ出ようとした時
ドアが開き、
奥さんとロアールが
帰ってきました。

 

血液検査・・・そんなアホな

何があったのか

血液検査で
白血球は快復してましたが、
貧血は悪化

そして尿素窒素とクレアチニンは
今までで
最悪の値

院長先生は
抗がん剤が効いていない
という判断

どうすればいい・・・

20130721_loa01

2013年7月21日

が、実は僕らは
抗がん剤が効いてないかもしれない
となった段階で

次の手を考えていたんです。

それが補完療法
丸山ワクチンやオゾン療法
という、

副作用のない
抗がん剤治療の補完をする療法

丸山ワクチン
かなり古くから研究されているますが、
癌治療として認められてはいないようです。

ただ、癌治療が思うように
なっていない患者に対して
癌をコラーゲンで包んで
進行を遅らせる効果がある
といわれ、

オゾン療法とは
白血球を刺激して
自然治癒力を高める効果がある
と言われて
いる療法なんです。
*どちらも様々な見解や評判がありますので、
検討される場合は主治医や病院の意見などを
しっかり踏まえた上でご判断ください

幸運なことに
これをやっている動物病院が
住まいのすぐ近くにあったのです。

 

どうしても譲れない

僕らはこれを
抗がん剤治療に合わせて
取り組んでいこうと考えていたんです。

しかし院長先生はこれに反対Σ(゚д゚;)

その治療を受けるなら
ここでの治療はストップする
という言葉

どういうこと?(@_@;)

それで奥さんは
院長先生にも抗がん剤治療は
今まで通りこちらでお願いし、
補完療法だけ別のところに
お願いしたいと説明。

でも院長先生は全く聞く耳持たない

なにそれ?

奥さんは
すでに一度メールで
補完療法している
動物病院の院長先生へ相談をしていたので、
その場でそちらの病院へ連絡。

いきさつをお伝えして
そこの院長先生からも
「抗がん剤治療は別の病院で
補完療法だけこちらでやっている例がある」
ということをお話したそうですが、

やっぱりこちらの院長先生は聞く耳持たず((((((ノ゚⊿゚)ノ

結局、奥さんは
こちらの病院での治療をやめ、
新たに補完療法の動物病院メインで
治療を続けることを決断

そんなやりとりのため、
帰りが遅くなってしまった
ということでした。

 

それは英断

勝手にそんなこと決めてゴメン
と奥さんは半泣きしていましたが、

僕だって同じ判断をしたよ
奥さんの英断です

そういうことで
明日、別の病院へ移ります。

ただこちらの病院には
やっぱり感謝しています。

突然、大学の動物病院で
入院しかないと
言われてしまったロアールが
お家に帰れる手段を提示してくれたのですから。。。

それに帰りに
奥さんが
支払いをした時に受付の方が

「全然移ってもいいんですよ
今1番考えなくちゃいけないのは、
やっぱりロアールちゃんが
1番いいと思えることを
やってあげることですから」

と、
励ましてくれたそうです。

結果として
こちらの病院での治療は
終了になってしまいましたが、
僕は感謝しています。

本当にいろいろ
ありがとうございました。

続けられずすいません(~_~;)

でも僕らは
ロアールが
お家でストレスなく過ごして、
最期を迎えて欲しいから

今僕らができる最善の道を
行きます

20130811_loa01

2013年8月11日

1日放っておかれたらねw

長丁場となるなり

今日はふたたび
ノルウェージャンのロアール
1日静脈点滴でした。

朝一で動物病院へ行き、
すぐ点滴開始、

あとは夕方まで
そのままじっっと
ペットホテル用のゲージの中。

ちょっとかわいそうだけど
腎臓の調子を快復するために
必要なことなのだよ、ロア。

点滴始めて1時間程は
僕らもゲージのそばに
立ち合っていましたが、

それ以降は
ロアールは1人で
夕方までゲージ。

その間僕らは
近くのショッピングモールへ行って、

ロアールが何とか
自分で食べられるような
食材探しをしていました。

自分らの一週間分の
食材も買いましたけどw

でも途中で
奥さんの具合が悪くなり、
一旦帰宅。。。

その後すぐ
僕だけがロアールを
迎えに行きました。

車の窓の外には雨と桜

雨が降りだし
かなり気分的には
よくない感じ・・・

どんよりと
僕の気持ちは
落ち込んでいく

どよどよどよどよどよ・・・・・

ダメだ!
そんな暗くなってはく( ̄△ ̄)

ロアールだってひとりで病院で
辛い中がんばっているんだ

そんな感じで
ダウンしていく気持ちを
懸命に盛り上げながら

雨のくせに
急に気温が上がって
ふいに咲き乱れた桜並木を傍目に

車を病院へと走らせました。

1日ひとりだったのロアールくん

病院へ到着し、
すぐにロアールの
元へ呼ばれ、

近づいてみると
珍しく怒り声を出していました(>_<)

シャーはさすがに今までも
病院の人にはしていましたけどw

「フゥー」というのは
今までなかったのでビックリ。

でも僕が来たのを
確認すると少し落ち着いたのか

怒り声はなくなり、
じっとしていましたが、

なんとなく
それでもお怒り気味w

きっと1日中
放っておかれたから
怒っているのかな?w

20130707_loa01

2013年7月7日

留置針は取れないのよ

そんなこんなで
お家に帰りましたが、

昨日から明日まで
留置針はつけたままなんです。

なので、かなりこの
右手の留置針が気になるようで

僕らはこれを外してしまわないよう
気を付けなくちゃいけません

ということで
こんな感じで
“エリザベスカラー”
していますw

明日はいよいよ
再度の血液検査です。。。

【今日のロアール】

20150329_loa01

ふりだしに戻る

 

血液検査の結果は・・・

朝いちで動物病院へ行き、
すぐにロアールの血液検査をしました。

その結果は。。。

尿素窒素もクレアチニンも
どちらも標準オーバー…(><)…

なんてこった・・・
また腎臓の機能が働いていない。。。

ここまで本当に
順調だったはずなのに

こんな結果って

さらに白血球も
2500という危険な状態

人間だともう無菌室に
入らないといけないような
数値なんだそう。

猫の場合はそこまでではないにしても、

でも抗がん剤治療は
延期しかないということです。

(脊髄抑制があるから当然ですよね。。。)

さらに衝撃なことが

エコーもやっていただいたところ
また腎臓が膨張している状況

院長先生は「再発」
とはいいませんでしたが、

「抗がん剤があまり効いていないのかも」
という∑( ̄皿 ̄;;

なんてことだ(T_T)

これじゃまだ
抗がん剤の副作用だった方が
まだいいよ。。。

とにかく
今現状ロアールの体にある
毒素を抜くために

今日は一日
静脈から点滴する
ということになりました。

20130414_loa01

2013年4月14日

なので本当に今日は
一日中ロアールが
点滴をしているところを
立ち会っていました。。。

僕と奥さんは
これからどうするか

そのことを
言葉少なに話していました。

でもそんなすぐには
僕らに出すことはできません

まずは
一刻も早くロアールの
体調回復をめざすこと。。。

点滴のおかげで

朝から夜まで
本当に丸一日かけて
点滴をしたロアール

夕方ころになると
だいぶよくなってきたのか

昨日までのトロンとした目から
かなりしっかりとした
目つきになりました。

そして治療の終わりに
皮下点滴100㏄と
白血球減少からの感染症などを
防ぐために抗生剤を投与しました。

そしてようやく帰宅。

帰宅するとロアールは
昨日よりは元気みたいでちょっと安心。

でもすぐに眠りモード。。。

まぁ今日は本当に疲れたからね
仕方ないかな

でも明日もまた病院いかないと
いけないからさ

ムリはさせないつもりだけど、
やっぱりまだすぐは諦めきれないよ…(><)…

【今日のロアール】

強制給餌も中断

今日ロアール
強制給餌で何度か吐いてしまったようです…(><)…

かなり副作用が
辛くなってきたのか

それとも胃が荒れてしまっているのか

それとも…

食べなきゃいけないけど
かなり難しい状況です。

他の同じような状況を書いている
ブログなどを見てみましたが、
どうもオンコビンの副作用は
回数を重ねるたびに強く出てしまう
そうなのです。。。

といっても、こんなになるなんて・・・
僕も奥さんも次の抗ガン治療をどうするか
モノスゴイ悩んでいるところです。

ちなみに次回予定していた
また別の抗がん剤については
すでに延期しましょう
ということで、
院長先生とも話がついています。

先週までは抗がん剤治療の後
少しだけ辛そうにしていたけど、
1日くらい経つともう元気いっぱいだったので、
かなり心配です。

今ならリンパ腫のヤツも
かなり活動が弱まっているようなので、
ムリに抗がん剤を投与することも
ないかと。。。

ともかく僕らも辛いけど
1番辛いのはロアール

がんばってほしい
頑張れロアール

明日すぐ病院へ連れていきます

20130606_loamuu01

2013年6月6日

抗がん剤治療の副作用来た・・・

ぐったりの原因は・・・

ロアールは今日もぐったり。。。

奥さんが動物病院の
院長先生に電話で聞いたら、

「抗がん剤の副作用の影響でしょう」
ということでした。

ここまで順調に
抗がん剤治療ができていて

血液検査もほぼ
標準の全く問題ない状態。

副作用もほとんどなく
抗ガン剤を投与して
1,2日ですぐ元気になっていたから

もしかしたら
後で副作用の影響が強く
出るかもしれない

そう思っていたそうです。

今日病院へ行っても
吐き気止めくらいしか
できないということで、

(実は昨日の夜ちょっとだけ
ロアールは吐いたんです)

ちょっとだけご飯をあげて

しばらく様子をみてください
ということだったそう。

20150326_muu01

*なお今日のアイキャッチ画像はムウくんです

なので、
今日は病院へは行きませんでした。。。

ここまで
本当に順調だったので、

僕らもちょっと抗がん剤治療を
甘くみていたかもしれませんね(--〆)

もう一度気を引き締めつつ
しっかりせねばと思います

 

【今日のロアール】
*今日のロアールはこのくらいしか動画は難しいです(>_<)
ごめんなさい

プロフィール
ロアールプロフィール
ロアール
ノルウェージャンフォレストキャット
病気には負けない僕らの歩み
最近の投稿
カテゴリー
2022年12月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponserd Link